借金の返済に困った時、まず相談してみるべきは借りている債権者です。
返済が滞ると督促状や電話が入るようになるので、返済資金がないとついつい逃げてしまいがちです。
もっとも、逃げるから追いかけてくるのです。
追いかけられる怖い相手と思わず、まずは現状を伝えてみてください。

月々の返済額の軽減や返済期限の延長など話に応じてくれるケースもあります。
借金を返済できない理由が、お金の無駄遣いや浪費癖などにあるなら、ファイナンシャルプランナーに家計管理や返済管理についてアドバイスを受けるのもいいでしょう。
現在の収支を明らかにして、どこに無駄があるのかを確認でき、上手くやりくりすることで返済資金を捻出できるようになるケースもあるからです。
債権者やファイナンシャルプランナーとの話し合いでは上手く解決できないケースで、総債務額が140万円以内の方なら司法書士に相談してみましょう。

金利が利息制限法の上限を上回っている場合の過払い金請求から、債権者との交渉により債務額を軽減する任意整理などの債務整理手続きを進めてくれます。
司法書士が受任するだけで、督促もストップしますので精神的にも楽になります。
総債務額が140万円を超える場合には、弁護士に相談するのがベストです。
過払い金請求や任意整理をはじめ、個人民事再生や債務額を全額免除される自己破産まで幅広く債務整理手続きを処理する権限があり、状況に応じたベストな選択肢を提案してくれます。